toggle
2020-02-21

自己受容

自己受容とは、ありのままの自分を受け入れること。

何が出来るとか、何を所有しているとか、

どんな資格があるとか…

そんな条件は必要なく、存在そのものを受け入れる。

そこには肯定も否定もないのです。

私も以前は、自己受容が全くできませんでした。

しかも、そのことに気づいてさえ いなかったのです。

今でも、いつも『ありのままの自分』を

受け入れられる訳ではありませんが

『自己受容』できていない自分に

気づくことは出来るようになりました。

自分を受入れ、認めるために

資格や肩書、実績、経験などで、自分を飾り立てる。

でも、『条件付きの自分』は

もっと良い条件を身にまとった他人を見つけては

自信をなくし、その人の条件を羨ましがる…

『ありのままの自分』を受入れ始めたクライアントさんのコメントです。

※本人の了承を得て、投稿させて頂きます。

 ∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∴

今、取得している資格を手に入れようとした動機が

一体なんだったのだろうか?

じっくり整理していったら

「人のせいにしていた自分」に会いました。

自分の選択への不安と後悔

やり場のない怒りや悲しみを

たくさんぶつけてきたことに気付けました。

多分、今までは「私は悪くない」と言って

逃げておしまいだったと思います。

でも、ひと呼吸おいて

「本当にそうなのか?

他の見方をしたら何がみえるだろうか?」

と、冷静に視点を変えられました。

新しい視点で過去の自分をみていったら

後悔や悲しみ、怒りの感情ではなく

「私はなんて尊い選択をしたのだろう!」

と、とても誇らしく

今まで自分の選択に自信が持てるようになりました。

心の底から「私ってすごい」

と、笑顔で言っていたことに自分自身がびっくりです。

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵

自己受容ができるようになると

自己肯定感も高まります。

自己肯定感とは、長所や強みを素直に受け入れ

自分をかけがいのない存在だと感じること。

笑顔で自分を受容し

尊重できるようになったクライアントさん。

ご自身の人生目的に向かって

力強く歩み始めたこの瞬間に

コーチとして立ち会わせて頂けたことに

心から感謝します。

月と太陽の情熱で

目の前の人を笑顔に

松田友理江

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です